建築デザイン研究室

%e3%83%94%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a3-2

建築のデザインは自然、風土、環境、時間、モノ、人たちの関係のあり方で決定されます。それらの関係を読み解くことが、建築デザインとの対話と理解につながってゆきます。これらの関係性は距離感や寸法、素材、色彩、光などの組み合わせによって疎密さ、重さ、軽さ、透明さ、明るさなどによる特徴的で多様な空間を生みだします。私たちが、なんとなく気持ち良く感じたり、不快に感じたりする空間の経験があるように空間は人間の感覚を刺激し意識に直接的に働きかけてきます。また、建築をデザインするということは、私たちの日常の生活や社会をデザインすることでもあります。

研究テーマ

  1. 地方都市における中心市街地活性化の研究
  2. 都市居住の設計手法に関する研究
  3. 歴史的建築物の調査および再生・利活用に関する研究
  4. 限界集落の可能性に関する研究
  5. 架構・空間・家具の室礼に関する実証的研究