都市デザイン研究室

セフルビルド-neu 伊吹島模型-neu
社会と都市の現実を相手に、われわれはどのような関わりをもつことが可能なのか。建築を通して、その可能性を追求することが、この研究室の目標です。そのためには、具体的にコミュニケーション場を構想するようなことから、新しいミーティング環境を創出することなど、さまざまなアプローチが考えられるでしょう。
多様な探求を目指したいと考えていますが、その前提として、可能な限り実践的であること、そして、常識にとらわれない独自の視点を獲得することを基本的なスタンスにしたいと思っています。
学生のみなさんには、このような探求に集中力をもって積極的に関わることを期待します。つまり、この研究室は、何らかの知見を受け取るための場ではなく、自ら探求するための場であるということです。建築の新しい可能性を一緒に探求していきましょう。

曽我部研究室Facebook
Message from Professor