2005年第1回建築学科連続講演会:Graine Hassett

演題:Graine Hassett Works
講師:Graine Hassett氏 Hassett Ducatez Architects
日時:2005年4月25日(月)16:20~17:50
場所:16号館 セレストホール
講演概要:グローニャ・ハセットは国際巡回展「ヨーロッパ・アジア パシフィックの新潮流展」のために来日したEUの次代を担うアイルランドの若手建築家の一人である。視覚認識に焦点を当てた研究を行っており、それを都市・建築の2つのスケールで具現化している。本講においては作品を示しながら具体的に説明された。代表作のひとつである「グラスハウス」は、1900年代にたてられた古い家の増築プロジェクトである。緑豊かな庭園にあって、機能条件を満たしながら、ガラスの写り込みやその開閉によって視覚認識が変化することを意図している。