2006年第3回建築学科連続講演会:上野佳奈子

演題:音からみるヒトと建築―「場の共有」を軸とした空間の解読―
講師:上野 佳奈子 氏 東京大学生産技術研究所
日時:2006年7月3日(月)16:20~17:50
場所:16号館 セレストホール
講演概要:上野氏は建築音響に新風を送り込み、著名な賞を次々と受賞して最近最も注目される若手研究者の一人である。この講演ではコンサートホールや学校における音空間の分析事例を通じて、音による場の共有という視点からヒトの文化的、社会的営みと建築との関係を考え、また、暗黙知や記号論という人間の知のモデルにふれながら、ヒトにとって価値となる音空間を探求する試みについて、視聴覚プレゼンテーションを織り込んでわかり易く紹介された。