2007年第5回建築学科連続講演会:劉先覚/李百浩

演題1:中国建築の伝統と現代化~建築と庭園~ / 劉先覚教授
演題2:国際交流における中国近・現代化都市計画 / 李百浩教授
講師:劉先覚氏(東南大学建築学院), 李百浩氏(武漢理工大学)
日時:2007年11月5日(月)16:20~17:50
場所:16号館 セレストホール
講演概要:第5回講演会は劉先覚・李百浩の両先生によるふたつの講演であった。劉先生の講演は、北京故宮・天壇など中国の著名な古建築から民居にいたるまでの実例をまじえた中国建築の歴史を概説する内容であった。概説ではあるが、随所に最新の成果を盛り込んだものであり、中国建築に比較的なじみの薄い学生たちにとっては有意義なものであったに違いない。李先生の講演は、アヘン戦争以降の近・現代を中心とした都市史に関する内容であった。現在でも中国では詳細な都市図が公開されることは稀である。特に外国人である我々にはあまりお目にかかることのできない近現代の都市図を示しながらの講演は刺激的なものであった。