2010年第2回建築学科連続講演会:久保哲夫

講演者:久保哲夫氏(東京大学)
演 題:「建築物の耐震技術としての免震・制震(振)構造」
場 所:横浜キャンパス16号館セレストホール
日 時:2010年6月7日(月)16:20~17:50
概 要:建物の耐震性能を計画する免震、制震(振)構造について、その考え方と現状を講義し、その像を考えてみる。免震構造は防災拠点となる庁舎、病院等から戸建ての住宅、高層の共同住宅に適用され、広く一つの耐震化技術として位置付けられる。また、近年の超高層建築物の設計では、地震時応答を低減させるとともに、応答を減衰させることを目的としてエネルギー消費を計画するダンパー等が制震(振)機構として多く採用されている。