2012年第2回建築学科連続講演会:和田章

講演者:和田 章(日本建築学会会長、東京工業大学名誉教授)
演 題:構造工学の科学
場 所:横浜キャンパス16号館セレストホール
日 時:2012年6月4日(月)16:20~17:50
講演趣旨: 構造物の設計においては、建てようとする構造物を机上で考え、この構造物が実際に建てられた場合に作用するであろう種々の力を、この構造物の骨組モデルに作用させた計算を行い、骨組を構成する個々の部材に生じる力や変形を調べ、それぞれが壊れることはないかを確認していく。構造物を実際に作ることを想像すると、上記の計算結果が、実際に建てられる骨組に生じる力や変形を正しく表しているのかどうか疑問が生じる。この大きな疑問に答える講義を行う。