2014年度第2回建築学科連続講演会

講演者:宮下 康一(株式会社 風工学研究所)
演 題:建築における風の必要性
概 要:最近竣工した東京スカイツリーや,竣工間近の虎ノ門ヒルズなど,今までにないスケールの大規模建物が次々に建設・計画されています。このような高層建築や大規模な開発の設計業務の中で風に関連する調査は、企画の段階,実設計の段階などの様々な場面で行われています。また,近年の地球温暖化に伴う極端な気象現象の表れは,より風に対するニーズが増すことを予感させます。今回の講演では,風に関連した調査(主に建物外部の流れ)を網羅的に解説する予定です。
場 所:神奈川大学 横浜キャンパス 16号館セレストホール
日 時:2014年6月2日(月) 16:20 ~ 17:50