災害リスク学術フロンティア (2005-2009)

プロジェクト名

文部科学省・学術フロンティア

研究テーマ

災害リスク軽減を目的としたソフト・ハード融合型リスクマネジメントシステムの構築に関する研究

研究内容

我国では、地震・台風災害を始めとして自然災害が多発する。 自然災害は多岐 に亘り、 災害の起因である自然現象と災害の誘因となる社会環境の組合せで決まり、 自然現象の予測評価の問題と社会システムの現況評価の問題への配分によってリスクを評価して、 効率的に防災性を高め災害軽減化を図る必要がある。 そのためには、 リスク評価による適切なマネージメントが重要となる。 本研究では、 ハードとソフトの防災対策を視野に入れて、 これらを統合化する技術を開発することを目的とするもので、 災害軽減化のためのリスク評価による最適リスクマネージメント手法の構築と実践化技術の開発を実施する。

研究者

  • 建築学科 荏本孝久 教授(研究代表者)
  • 建築学科 岩田衛 教授,大熊武司 教授,紀谷文樹 教授,島崎和司 教授,山家京子 教授
  • 経済学部 兼子良夫 助教授,佐藤孝治 助教授
  • 建築学科 小川秀雄 助手,山本俊雄 助手,下村祥一 助手,村井正敏 教務技術職員,五十嵐泉 教務技術職員,小林利明 教務技術職員

共同研究機関

(財)消防科学総合センター/ (株)大林組技術研究所/ パシフィックコンサルタンツ(株)総合研究所/ エイ・ビー・エス・ジー・コンサルティング・インク/ 構造計画研究所(株)/ (株)泉創建エンジニアリング/ 防災&情報研究所(株)

HP

学術フロンティアホームページはこちらです。