島崎研究室

建築物の“性能”が評価される今社会の安心の礎を築く

建物の設計法は、 その建物の持つ性能を評価する性能設計法へと変化してきています。

建物の性能のうち最も重要なのは安全性です。 特に阪神淡路大震災以降、 地震に対する安全性の要求性能は変化してきています。 大地震時に鉄筋コンクリート造建物がどのように抵抗し、 変形するか、 中小地震時にはどの程度の被害レベルになるのかなどの研究を進めていきます。 地震に対して最も安全性の高いとされる免震建物の長期にわたる変動が耐震性能に与える影響についても研究しています。

Xwall.jpg

さらには、 新しい構造形式としてエネルギー吸収・損傷制御型RC構造やハイブリッド構造等の新機能型建築構法についても研究をしています。

実際の鉄筋コンクリート部材を作り、 それを壊してみることで、 性能を肌で感じてほしい。

卒業研究テーマ

損傷低減型耐震壁の実験的研究/高エネルギー吸収型X型配筋RC梁の研究/CFT柱-フラットプレート接合部の耐荷性能に関する実験的研究/RC造柱の残存軸耐力に関する実験的研究 他

message.png


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS