JABEE

topPict6.jpg
建築学科のカリキュラム(建築学専門プログラム)がJABEEの認定を受けました。

日本技術者教育認定制度とは、大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうかを外部機関が公平に評価し、要求水準を満たしている教育プログラムを認定する専門認定制度です。この認定を行っているのが日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)です。

建築学専門プログラム

分野:建築学および建築学関連分野

プログラムの特徴
現在、私達を取り巻く社会・生活環境は著しく進展し、多様な情報と高度な技術で支えられています。このため建築学分野に要求される社会的・技術的ニーズも複雑・多様化しています。本学は国内外の情報と最先端の技術が集積している国際都市横浜に立地し、向学心に燃え意欲溢れる若者を集め、社会に貢献する人材を育成してきました。この伝統に則り、建築学科では学科創設以来の教育理念を重視し、この教育理念に基づいて、「建築デザイン専門プログラム」,「建築構造システム専門プログラム」,「建築環境システム専門プログラム」の3つの建築学分野の特定専門領域からなるJABEE認定プログラムを設けています。

プログラムの成果
JABEE認定プログラムでは、それぞれのプログラムに共通する建築の基本的な知識を学ぶとともに、各プログラムでより高度な専門知識を修得し、以下のような能力をもつ建築技術者の育成を進めています。 ●幅広い視野と教養、●技術者の役割と責任の自覚、●より快適で安全な空間を創出し得る実践的な能力、●広範な社会的ニーズを理解して、建築分野の急速な技術進歩へ適応できる能力、●多様化する社会の変化に対応できる継続的・自律的な学習能力、●建築分野に要求される社会的ニーズを理解し解決できる能力、●自己の意識を説明できるプレゼンテーション能力、●国際的に活躍するためのコミュニケーション能力

メッセージ
JABEEへのプログラム認定審査に向けた検討により、以下のような視点が重要な認識として得られました。●学習・教育目標の明確化、●授業科目間相互の関連性、●授業内容の明確化、●教員間の連絡調整と連携、●学生の学習意欲向上、●学習・教育目標達成に向けての努力目標の明確化、●学習・教育目標の達成度の評価、これらの視点はこれまでに欠けていた視点であり、今後は更に充実したプログラムへの改善を検討して行きたい。