TEDCOMプロジェクト (2000-2004)

TEDCOMプロジェクトとは

TEDCOM_BE.png

TEDCOMプロジェクト Webサイト
神奈川大学では、 校舎の耐震性向上を大きな目的の一つとして横浜キャンパス再開発事業を推進しました。その一環として、1999年度末に、工学部建築学科ならびに大学院工学研究科建築学専攻の構造システム系教員をコアーメンバーとして、 次に挙げる2本のプロジェクトをスタートさせました。

  • 「文部科学省学術フロンティア推進拠点」としてのプロジェクト「地震・台風災害の制御・低減を目的とした制振・免震デバイスの開発ならびに損傷制御設計法に関する研究」
  • 「横浜市産学共同研究センター」を研究拠点とした産官学共同研究プロジェクト「建築物における地震・台風防災に関する研究-制振・免震装置の評価・開発-」

具体な推進は両プロジェクトを統合し、 「地震・台風災害の制御低減研究: TEDCOM (Typhoon andEarthquake-induced Disaster Control and Mitigation)」 として実施しました。

研究組織

TEDCOM_BI.png

本TEDCOMプロジェクトは、 神奈川大学工学部建築学科構造システム系教員7名を中心として、 学術フロンティアについては学外共同研究者2名、 産官学プロジェクトについては7社のもとに、 建築学科の教務技術職員および大学院工学研究科建築学専攻の大学院生の協力も得てスタートしました。 その後、 平成12年度より、 建築構造設計の実務研究者およびゴム等の物性研究者の計4名の研究者を加えて実施しました。

神奈川大学の研究者

  • 大熊武司(代表者)
  • 岩田衛、荏本孝久、島崎和司、小川秀雄、山本俊雄、下村祥一
  • 大石不二夫(平成12年度から参加)

実験協力の神奈川大学職員

  • 五十嵐泉、村井正敏

研究成果について